冠婚葬祭で六曜はどのくらい重視すべきか

六曜とは、大安、友引、先勝、先負、仏滅、赤口の六種類をそれぞれの日にあてはめたものです。
冠婚葬祭の儀式の日取りを考える上では重要なものとされてきました。
一般的に、葬式の際は友引を避ける、結婚式の日は大安がよく仏滅は避けた方がいいという風に言われています。
これは、葬式を友引の日にすると、「友」を「引く」ということで、知り合いが続けて亡くなることを暗示するようでありふさわしくないと考えられていたためです。
また、結婚式の日に仏滅があたると縁起が良くないというとも考えられていました。
近年でもまだこういった考え方は強く、結婚式場などは仏滅の日だけ料金が安かったりします。
ですが、逆に仏滅の日は最も縁起の良くない日なので、これからはどんどん縁が上向いてくるとして、気にせずに日取りを決める人も増えています。
今後はこのような合理的な考え方が主流になってくると考えられます。
ですが、こうした演技をかつぐ人も決していなくなりはしないでしょう。

6年間安心して使える鞄はこちら
6年間の修理保証があるので、万が一ランドセルが壊れた場合でも安心です。

㈲旭屋ガラス店
防犯や結露対策など、窓に関するリフォーム全般なら「窓のリフォームレンジャー」にお任せください!

最新投稿

  • 冠婚葬祭に関わる六曜について

    冠婚葬祭では、大安や友引などの六曜を参考に決めていきます。
    六曜はその言葉通りに、全部で6種類 …

    続きを読む...

  • 冠婚葬祭と深い関係がある六曜

    冠婚葬祭と六曜は昔から関係が深いものです。
    結婚式なら、大安に行うのが一番とされています。 …

    続きを読む...

  • 冠婚葬祭で重視される六曜の「大安」や「仏滅」

    冠婚葬祭で、結婚式は「大安(たいあん)」がいいとか、お葬式は「仏滅(ぶつめつ)」はやめた方がいいなど …

    続きを読む...

  • 中国から伝来した六曜

    暦における吉凶のことを暦注と言いますが、日本で最も一般的な暦注が六曜で冠婚葬祭の日取りを決める際に参 …

    続きを読む...

お知らせ