前へ
次へ

少子化で中学受験が見直され始めている

ここ近年、関西でも私立小学校の開校がめざましく見られお受験ブームなっている。それに伴い、中学受験も人気がこの不況の最中でも出てきているのだ。特に、大学までエスカレーター式で進学できる大学付属の小学校お受験や中学の受験が大人気のようだ。少子化になり、一人の子供にお金をつぎ込みやすくなっているのが背景にあり、それに付け加え地元の中学が荒れていているので行かせたくない家庭や高度な勉強をさせたいという家庭をはじめ、大学までエスカレーター式でいかせたいという家庭など様々であるようだ。特に私立の中学受験で入学ともなると塾の費用や学校に入学してからの学費などがそうとう高いものでなんだかんだ言っても子供の将来まで考えている家庭で金銭的に余裕がないと通わせられないのが現状である。勉強を小さいうちからさせてかわいそうだとか人気大学にいけるからいいだとか賛否両論が飛び交うのはいつの時代も変わらずのようだ。

Page Top